But not to me

世界の謎を解こうにも、答えを持っていたかもしれない人はすでに死んでいる/未亡人の一年/ジョン・アーヴィング

みなさん鬼の首を取ったように因果応報って言うけどさ

リアル口語体ではあんま聞かないか。

おもにインターネットのコメントとかのことなんだけど。

 

たとえば不倫とかした芸能人に、因果応報でいずれ大きい不幸に見舞われるはず的なことみんなドヤ顔で言いがちじゃん

 

死別経験値あがるとさ、ああいうのほんときついときない?

 

だってさ、友達や家族がこんな若くして死んじゃったっていうのはさ、まぎれもなく大きい不幸に見舞われてる状態なわけじゃん?

 

つまりこれも、みなさんがおっしゃられる因果応報なわけ?因果応報で夫は死んだわけ?

ここ現代の日本だよ?いちおう先進国だよね?

 

えらそうに、さも世のことわりみたいにいうけどさ〜〜実際は大きい不幸って善悪関係なくない?逆にあんたは潜在意識の中で大きい不幸に見舞われた人を因果のせいやでって見下してるってこと?世界観が神目線ってすげーな?

 

とりあえず言っておきたいのは、鬼の首取ったみたいに因果応報とかすぐ言うやつは、あたまもこころもお察しなんだよ