But not to me

世界の謎を解こうにも、答えを持っていたかもしれない人はすでに死んでいる/未亡人の一年/ジョン・アーヴィング

骨髄バンクに登録してほしい

ずっと好きでロムってた死別後の立ち直りを中心に書かれているブロガーさんが、このブログを紹介してくれたことにウェイウェイしながら便乗するぜ!

 

(すげーびっくりしたけどありがとうございます。コメント欄は今後もひらくつもりはないけど、いつも読んでいます)

 

さて、これを読んでくれとる54歳以下のみんなたち!!死別を経験したみんなたち!!

 

骨髄バンクに登録してくれないかな?

ほんと頼みます。

 

わたしの夫は骨髄移植さえすればもっと生きられたんだよ。

 

2017年の1月にフルマッチじゃなかったけど骨髄移植が決まってた。

でもまにあわなかった。

 

わたしも登録してるよ。

 

だから54歳まではいつドナーに呼ばれても良いように健康でいるし、絶対に死なない。

 

それまで死ぬ気なんてゼロだよ。だって死んだら夫の病気に復讐できないからな!!!!!!

 

誰かに骨髄を提供して命を助けることが死別後のわたしの復讐のひとつだよ。