But not to me

世界の謎を解こうにも、答えを持っていたかもしれない人はすでに死んでいる/未亡人の一年/ジョン・アーヴィング

長い髪、永い言い訳

髪を31センチ切ってヘアドネーションに寄付した。病気療養中の子どものウィッグに使ってもらえるらしい

f:id:kairoren:20180222202012j:image

この長さなら51センチもいけたかもだけど、切りっぱなしボブという名のおかっぱになる勇気は出なかった。髪って短いほうが逆にめんどくさいんだよね〜

 

亡くなった夫もCHOPという抗がん剤の療法中に脱毛して床屋さんで坊主頭にしてもらった。夏だったとはいえどんな気持ちだったんだろう。人より太かった眉毛も薄くなってた。亡くなる直前、嘘みたいに元気だった頃は、なぜか髪も眉毛も生えてきてた。人間って不思議だ。

 

ちなみに今回はじめてヘアドネーションをお願いした美容室のオーナーさんが、2年前に事故で亡くなった美容師さんと間接的に知り合いだった。わたしは彼がいなければ髪をのばしていなかった。偶然に過ぎないけど、じんわり胸が熱くなった。

 

映画『永い言い訳』の中で、主人公は美容師だった妻の深津絵里が亡くなったあとずっと髪を切れずにいたけど、いろいろな出会いがあって、ラストではさっぱりと切っていた。とても良い映画だった。

f:id:kairoren:20180223074025j:image